命を守るべき

人間の寿命は個体によって違う!

その理由は
生活環境の違いによる影響で
事故による怪我や
疾患の発症により大きく影響を受ける。

次に遺伝要因で
疾患の発症によるものだ。

後者は生まれ持った個体の特徴であり、変える事ができない。もちろん疾患の発症を抑える事は出来る。

人間は雑種でより疾患にならない種が生き残ったので、医療技術の進歩で平均寿命は日本では伸びている。

しかし、重大な疾患になったら本人は生きること、完治して普通に人生を送るために治療する事が大切だ。

私は若い頃に、五体満足な身体があるので、アメフトをやろうと思った。健康である事に感謝して!

同様に運動能力が優れた選手は、人々に競技を通して夢や希望を与える事が出来る。彼らは応援をエネルギーにしてより過酷な目標に挑む事が出来る。

もし、アスリートが病に倒れると、人々は病に勝って、再び競技に復帰して輝く事を期待する。

私は彼女の人生はアスリートに復活する事は現在のキャリアではベストだと思うが、
18歳の女の子の人生は、まだ沢山の選択肢があると思う。

大切な事は、病をどうにか克服して生きて欲しいと願うばかりである。再び元気になって自分の人生を選んで生きてくれる事を祈っている。

オリンピックや競技は、一つの選択肢で彼女の人生においては重要ではない。周りはつまらない事を考えずに、彼女の人生を応援してほしい!

命はこの世で最も大切なものだ!

今日も生きてる。