三国祭 提灯

Van lifeで訪ねた福井 三国祭り

三国は江戸時代から北前船により栄えたらしい、昨年訪れた山形の鶴岡と同じだね!

戦国時代にも浅倉家があったので昔は賑やかな地域だったのだろう。

ここでは江戸時代中期から三国神社の祭りが⛩行われている。北前船により経済的に豊かになり商人たちが

三国祭りに豪華な山車を作り神様へ商売繁盛を祈願したのかな?もしくは商売の利益を町の人々に還元したか?

f:id:ggyoshiro:20220526092603j:image

伊達政宗の山車

人形を出しに乗せるのは、川越祭りの山車でもあるけどオブジェがでかいね。

青森のねぶたほどではないが、武者の力強さに憧れがあるのか?

 

町の民家では軒先に提灯を出して祭りを祝っていた。


f:id:ggyoshiro:20220526093011j:image

f:id:ggyoshiro:20220526093014j:image

提灯は中国から日本に伝わって日本で進化して折り畳める構造に変化して現在に至ったらしい。

昔は神社の周辺のは商人が住んでいたので、店の風格を示すために凝った提灯を作ったのかな?

 


f:id:ggyoshiro:20220526093632j:image

f:id:ggyoshiro:20220526093634j:image

f:id:ggyoshiro:20220526093629j:image

提灯は日本の文化になってる。

 

このお祭りの良いところは地域の人々が楽しんでることだと感じた。

中高生が神社を祭りに訪れて、神社に詰めてる祭り関係者の長老たちに挨拶する姿は微笑ましかった。


f:id:ggyoshiro:20220526094054j:image

f:id:ggyoshiro:20220526094102j:image

f:id:ggyoshiro:20220526094105j:image

f:id:ggyoshiro:20220526094059j:image

f:id:ggyoshiro:20220526094057j:image

進学や就職で町を離れても、故郷の祭りの記憶は刻まれる。

そして、故郷に戻り、再び提灯を灯すのでしょうね!

三国祭りは西暦で日程を決めないで、今も太陽暦で昔からの日付で祭りを開催するのも潔い。

 

今回は夕方に少しだけ祭りの雰囲気を覗いたけど、次回は時間をかけて見て回る。

三国の港町が好きになりました。

 

今日も生きてる。

高山 渋草焼

先日の高山の旅で江戸末期からの渋草焼の店に行ったよ!

古い街並みにある素敵な店でした。

 

芳国舎

磁器の焼き物で唐津焼とかと同じ綺麗な絵付けされった焼き物でした。

さらに、金継ぎもやってた!器を作ってるお店が金継ぎで器を治すのは面白い。

この技術は海外の人は興味持つだろうね。

 

もちろん大物は買えないので手頃なの勝ってみた。

f:id:ggyoshiro:20220525095701j:image

拡大すると大物に見えるね!

Van lifeで地元のお店で刺身仕入れて夕飯食べる時に醤油をつける小皿

渋草焼で醤油をつけて食べるの良い感じでした。

f:id:ggyoshiro:20220525100134j:image

石徹白川で大物は釣ってしまったので、車の中で一人で祝杯あげてみた。

 

日本酒は大野市の酒蔵 真名鶴酒造です。美味い!

 

甘口のフルーティが好きなんだけど良い感じでした。

雪深い地域では甘口の酒が好まれるのかな?

マグカップで日本酒飲むのは味気ないので、

次はぐい呑み仕入れる。

 

今日も生きてる。

 

Van Life 福井の道の駅

今回の旅でこの道の駅に泊まるのは3回目です。

施設の設備にも慣れてきました。

まずは芝生の広場

f:id:ggyoshiro:20220524090737j:image

今朝はこの広場にある石🪨の上で瞑想してみたよ

朝6時前なので怪しむ人も居なかったと思う。

 

RV用の駐車スペースもあるようだが、利用して無いのでこの詳細は次回使った後に!

 

駐車場は右側半分は街灯が点灯しない、夜に仮眠をとる片方の配慮か?

 

ここの道の駅では朝陽が綺麗です!

f:id:ggyoshiro:20220524091209j:image

大野市は四方を山に⛰囲まれた盆地のようで、山の緑と田園の風景が綺麗な街でした。

次回は町中とお城🏯を見学します。

 

今日も生きてる。

Van Life 申し訳無いです。

隣国がウクライナ🇺🇦に侵攻して3ヶ月が経過してしまったようである。

侵攻した時に私はオホーツク海で流氷を見る旅に出ていた。

今は飛騨高山を旅して、福井まで戻ってきた。

 

今日は岐阜と福井の県境で釣りしてきた。

今回の旅で1番のサイズが出てくれた。

f:id:ggyoshiro:20220523200703j:image

岩魚だけど大きさでかいです、口もしゃくれていて初めて釣りました。

尾鰭に傷がありこの魚が生きていた証を見た。

デカい魚を釣ろうと色々と努力してきたが、実際に手にすると複雑な気持ちです。

私は漁師では無いので、釣りは道楽である。

もちろん、釣った魚はリリースするんだけど。

f:id:ggyoshiro:20220523201356j:image

このデカいのは、意外にも暴れることもなく直ぐにネットに収まった。

もしかして、傷からしてかなり高齢化してるかも?

岩魚の老魚を針にかけて虐待している事に初めて気づいたよ!


f:id:ggyoshiro:20220523202211j:image

f:id:ggyoshiro:20220523202221j:image

f:id:ggyoshiro:20220523202216j:image

ウクライナでは自国を守るために命をかけて戦っているときに、流氷見たり、野生の馬見に行ったり、高齢の岩魚を釣ることに旅したりしています。

 

道楽者で本当に申し訳ないです、ウクライナの人々に1日も早く平和が戻る事を願っております。

 

今日も生きてる。

 

Van Life 飛騨牛

ついに飛騨牛のステーキ食べました。

f:id:ggyoshiro:20220522194325j:image

A4のサーロインです、柔らかくとろけるサシがたまりませんでした。美味い🍴、和牛のステーキは最高です。

このステーキハウスはタマネギの上で肉を蒸し焼きにして、肉に焼き目をつける調理法らしい。

肉が柔らかく甘味があり最高です。

GWに宮崎牛ステーキを自分で焼いたが、流石にプロの技と味に感動した。

 

白川郷の合掌造りを見て


f:id:ggyoshiro:20220522194933j:image

f:id:ggyoshiro:20220522194939j:image

f:id:ggyoshiro:20220522194927j:image

白山にはまだ雪が残ってる。

日本の美しい山里に心が癒されたよ

 

岐阜の山間部は自然が今も残っていて、魚の戯れて素晴らしい旅でした。


f:id:ggyoshiro:20220522195442j:image

f:id:ggyoshiro:20220522195455j:image

f:id:ggyoshiro:20220522195448j:image

f:id:ggyoshiro:20220522195451j:image

 

今日も生きてる。

Van Life 岐阜 一色川で釣り

キャンプ場に駐車して一色川に入渓してみたよ!

f:id:ggyoshiro:20220520153322j:image

f:id:ggyoshiro:20220520152554j:image

初めての川なので勝手が分からない。

でもすぐに岩魚が出て気分を良くしていたら

f:id:ggyoshiro:20220520152815j:image

f:id:ggyoshiro:20220520152924j:image

チビヤマメを釣った後に、フライ交換してたら眼鏡を川に落とした。

幸いにも直ぐに林道に上がれたので車まで戻ったけど、大失敗でしたよ!

メガネの予備を持つか、コンタクトじゃないと危ない。

 

今日も生きてる。

Van Life 雄島

三国神社の祭りの前に早く着いたのでバイクで雄島を見に行った。

東尋坊の北にある島です!

f:id:ggyoshiro:20220520144947j:image

f:id:ggyoshiro:20220520145007j:image

漁港になっていてのんびりした良いところであります。


f:id:ggyoshiro:20220520145147j:image

f:id:ggyoshiro:20220520145150j:image

この地域がお母さんのご実家があり、夏休みにここの海で遊んだ人から聞いた話。

 

夕方まで海で🏖近所の子供達と遊んでいたそうです。お母さんが迎えに行くと!

皆んな、

まだ遊ぶと言うらしい

一人の女の子は、

「まだ、お姉さんと遊びたいと言った。」

お母さんには子供達しか海でいる姿は見えるが

お姉さんの姿は見えない。

家に帰って話を聞くと

綺麗なお姉さが海で遊んでくれて楽しかったと話してくれた。

 

そうなんです、大人には見えないお姉さんが海には居たようです。

 

雄島は東尋坊で命を絶った人が流れ着く島なんです。

 

今日も生きてる。